易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

義理婚

結婚可否を占って、
沢水困二爻を得たとします。

爻辞曰、
困于酒食。朱紱方来。
利用享祀。征凶。无咎。
 象曰、困于酒食、中有慶也。

困は困窮の卦。

その第二爻ですが、
酒食だろうが、何だろうが、
「困しむ」って云っていますから、
結婚してはだめですね。
  
二爻は彖伝にあるように、
初と三の陰に蔽(おお)われていて、
坎中に陥っている象です。

辞には「朱紱方来」とあって、
五爻が来て用いてくれるとありますが、
二と五は陽爻同士で不応なので、
結婚には良しとしません。

ただし、
父親が会社経営などしていて、
現在困の状態にあって、
娘を嫁がせることで困を救おうとするなど、
特段の事情があるなら、
結婚してもよいという判断は可能です。

いわゆる、
義理婚、政略婚でしたら。

こうした占考は、義理易における、
「同徳相応」の応用なのですが、
易経を読んでいなければ、
絶対に出来ない判断です。

こうですから、
爻辞占は難しいのです。

× × × × 

これは捨てカットです。出典:新釈漢文大系 易経
f:id:kuz-akichi:20211012152258j:plain
「この承乗の記述は勉強になるなぁ」