易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

天下に風あるは姤

今年の年筮で、 天風姤を得た人はいるだろうか。もしいるならば、 新型コロナには気をつけた方がよい。・・と、 この卦を読んでいて思いました。姤は遇なりで、 予期せぬことに遇う運勢ですが、 それはよいことよりも、 悪いことの方が多いのです。この卦は…

六変筮を封印せよ

昔、研究会で出されたモノです。詳細は忘れてしまったので、 得卦のみを掲げて解釈しますと・・× × × × 食道がんの人を占って、 大有之賁を得たそうですが、 結局その方は亡くなられたそうです。占を乞うたのはご家族の方でした。 ䷍ ䷕ 亡くなられたのですか…

連なる根

ネット検索をすると、 「抜茅連茹」という四字熟語があります。 出典は易経、地天泰なのであると。 ええっ? 泰の初爻は「抜茅茹」じゃなかった? と思いました。 意味は同じなのですが。 三陽爻が根を連ねている象だから、 単独行動はだめなんですよね。 因…

『波』を買う

ヴァージニア・ウルフ 『 波〔新訳版〕』 早川書房 買ったのは右です。左は古書。 馴染みの喫茶店でランチ。 けっこう古い喫茶店で、 高校生の頃、旧店に何度か行きました。

楚辞を買う

岩波文庫。 スッキリしていて読みやすい。 ほかにも、 易経の卦辞・爻辞と、 雰囲気の似たものがある。

むつかし

易経はムツカシイ。勿論、内容が難しいのですが、 初学の方にとっては、 漢字表記がとっつきにくい、 ということがあるようです。 「易経難しい・・」 表記がすでに『六ヶ敷くない』 (=難しくないの旧表記) でムズいwww (某 tweet より) たとえば、 こ…

次は天風姤

夬を読み終えましたので、 次は天風姤です。× × × × 真勢中州・松井羅州「周易釈故」 公田連太郎「易経講話」 旧暦5月の手書き文字が間違ってるね。 旧歴→旧暦

新釈漢文大系 易経

当ブログでは、 明治書院「新釈漢文大系 易経」 をお薦めしていますが、こんなふうに 読めばよいと思います。× × × × まず[卦意]のページを読む。すると、 序卦伝。卦名の字義。 卦体。卦徳。卦変。卦象。 雑卦伝。 ・・が学べます。それから、 卦辞、彖伝…

否運

天地否だね。 否之匪人。不利君子貞。世の中が狂ってくると、正常な人間が異常者扱いされるようになる。狂人の同調圧力が正常な人間を押し潰そうとうする。— まりなちゃん (@t2PrW6hArJWQR5S) 2021年6月13日

情報隠蔽?

johosokuhou.com

厄介な易経

易経を読むとは、 辞だけを読むにあらず。たとえば、 沢天夬の五爻の辞は、莧陸夬夬。中行无咎。 象曰、中行无咎、中未光也。・・ですが、 辞書的な ‘意味’ を知っただけでは、 易を解したとは云えないのです。すなわち、 次のことを掴んでおく、 必要がある…

いっちょういっせき

一朝一夕これ、 易経・坤・文言伝が、 出典なんだそうで。知りませんでした。積善之家・・ばかりに、 気を取られていたもので。

良書それぞれ

加藤大岳 校訂『易経』 本田濟『易経講座』(程伝の講義録) 島田虔次『大学・中庸』 いい本ぽいです。

天命之謂性

こんなことをtweetしている人がいる。 勉強になるなぁ。(勝手に引用して御免) 儒家は、「易伝」を撰述するという手法で『易経』を自らの経典として取り込み、道家的な「道の形而上学」をも取り込んでいったなんてことが言われてますね。ちなみに『中庸』に…

夬を得たら・・

沢天夬は、 上六が悩みの種なんだよね。 ䷪ なのでこの卦を得たら、 その女とは手を切りなさい。 禁煙、禁酒をしましょう。 などと占うことが可能だ。 この一陰は兌の主爻なので、 魅力的だが姦佞邪知な女だし、 兌口ゆえに煙草、酒なんだよね。 もちろん筮前…

インスタントコーヒー

「ネスカフェ プレジデント」 を買ってみた。1,111円。ふたを開けた瞬間の香りは良い。 しかし値段に見合う味であろうか。値を考えれば、 「ネスカフェ 香味焙煎 豊香」か。 今度は酸味の 「香味焙煎 柔香」を買ってみよう。

これを道と謂う

難解な句ですが、 一陰一陽之謂道。(一陰一陽これを道と謂う) これくらいは知っておくと よいと思いまして。× × × × 一陰一陽之謂道。継之者善也。成之者性也。 (易経、繋辞上伝)(私訳) 一たびは陰、一たびは陽となって、 互いに往来循環することを易…

逃げる物件

Twitterでこんな成否占を見た。 (無断流用失礼) 物件情報が入ってきた。 よさそうなので翌朝現地を見に行くことに。 某先生が周易を立てると雷山小過。 今朝になって不動産屋サンから 「あれはもう売れちゃいました」 との連絡が入りました。 うっすらそんな…

「事件」の裏

johosokuhou.com

辞による除災

過去記事の再掲です。× × × × 山天大畜の卦辞に、 不家食吉。(家食せずして吉) とあります。この辞に関して、 手持ちのプリントには、 某日不食於家、而食於外、以避災眚、 古人蓋亦有此類事、 という謎の註釈が付されてあります。意訳しますと・・ 某日、…

わたくしの星

その人の「人となり」を知るに際して、 東洋占術でみても小生はあまりピンとこない。 西洋占星術で調べるのが一番しっくりくる。 占師の自己紹介で星を以て表現している人がある。 それにならって自己紹介します。 太陽:うお座 月 :みずがめ座 水星:みず…

我が占例

最近は易の会報に 占例を書くことも少なくなった。 最新の占例は今年の新年号に 添付してもらったものだ。 昨年オリパラが延期になった時点で、 2021年7月の開催はあるかを占った。 その結果を投稿したのだ。 結論のみを云えば「開催されない」 と断じたのだ…

はかりごと

古書店で萩原朔太郎のアフォリズムを読む。 流行についての条はこうだ。 流行とは、今、世間で評判になっているものを、 マスコミが取り上げるのではない。 そうではなくて、 あるずる賢い人たちが謀(はか)り、 それを一方的に発信しさえすれば、 あとは頭の…

訪問者

時々、 ページビューの凄い日が、 ある。少しずつ、 訪問者が増えてる気がする。

入門時の教え

易占の入門者が、 柳下『易入門』を読んでいるらしく、 自分は歴史が好きなので、 「易経の伝統」の章が楽しみだ、 とtweetしていた。これを読んで、 こんなことを思い出した。小生が ‘易占’ に入門した頃、 ある先生に教えていただいたこと・・ 三変筮をや…

本を読む際・・

本を読む際は、 棒線を引っ張ったり、 マーカーで色づけしたり、 余白に何か書くようになりました。

安岡正篤「易學入門」

過去記事の再掲です。× × × × 安岡正篤「易学入門」これは好きな易書です。膨大な勉強があって、 それが数行に集約されている といった感じの文章。つまり、 奥行、深みがある。資料を集めて、 3年位かけて読み、 それを整理整頓すれば、 優秀な人ならすぐに…

莫・惕の字義

夬の二爻に「莫夜」とあります。新釈漢文大系 易経 には、 この「莫」の字義が述べられていて、 おもしろいので引用してみます。 「莫」は音「暮」(ボ)で、暮(くれ)の本字。 艸と艸との中に日が没したことを示す会意文字。 日が暮れてなくなる義より転じて、…

易の資料

小生所有の易研究会・資料は、 けっこう高度な内容であると感じる。 先日も沢天夬の卦を参照したが、 程伝、本義、折中あたりならば、 新釈漢文大系 易経を参照すればよいのだが、 中には引用元のよくわからないものがある。「五陽長盛、一陰将消、亦決之象…

有難や~、古書店

国分寺の七七舎を覘くと、 スタンダール全集がバラ売りされていた。 全12巻中、6巻が店頭で売られていた。 一巻100円也。 あ~、ちきしょ~。 全巻揃いで7,000円で買っちまったよ。 リュシアン・ルーヴェン Ⅰ・Ⅱ もあったから、バラ売りで買い揃えた方が、 …