易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

誦する

冥升の次に沢水困が来る・・
易はよくできていますね。

昔、
易研究会で地風升を読み終えると、
ある先生が、
こんなふうに口ずさみました。

ショウ、コン、セイ、
カク、テイ、ライ・・

つづけて、先生は、
「次回は沢水困ですね」
と云ったのです。

これを聞いて、
小生は思いました。
「ははん、こんなふうに
 序卦を覚えるのだな」

こうしたことは、
一人で易経を読んでいても、
わからぬことでありましょう。

自分より経験の豊かな方々と、
共に易経を読むことによって、
初めて知ることが出来るのです。

升、困、井、
革、鼎、雷・・

もう、覚えましたね。