易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

易の繋がり

沢水困の下卦三つの爻は、
それぞれこんな卦を伏しています。
  
初爻の伏卦は兌為沢です。
口を重ねる象より、
彖伝の尚口乃窮也にならないよう。
べらべらしゃべると窮することに。

二爻の辞には利用享祀とあります。
これは伏卦の沢地萃を見ているのでしょう。
祭祀の卦ですからね。

三爻の辞につき、
孔子はこう釈しています。
死期将至(繋辞下伝)。死期まさに至らんとす。
これは伏卦の沢風大過によっています。
棺椁の象、死の卦です。

× × × × 

易経は、
卦・爻・辞が目に見えぬ形で繋がっており、
有機的な内部構造を持っています。

その意味では、
〈詩〉の解釈をしているようです。