易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

乾惕

易経 陽の巻
(竹村亞希子・著)
(こどもと読む東洋哲学)
(「易経」の超入門書)

・・という本が平積みされており、
手に取ってページを繰ってみた。

「乾惕」という固有名詞? があった。
(ケンテキ)

「惕」は乾卦三爻の辞であるが、
言葉のチョイスがいいと思った。

ある義理易の研究者は、
易を一言をもってこれを蔽えば、
それは「惕」である・・
そういう言い方もできると、
たしかどこかで云っていた。

その他、
乾為天がわかれば易は卒業。
元亨利貞がわかれば易は卒業。
・・と云う人もいます。