易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

高島易断 上 下

この本もおすすめの易書なのですが、
八幡書店の「高島易断」って、
現在入手できるのでしょうか? 

たとえば、
今井「新釈・易経」に引用されている、
程伝、本義、玩辞、本義通釈・・などの諸説で、
意味不明だった箇所が、この本によって、
疑問が解消されることがあります。

呑象翁のこの易書は、
程子、朱子、項安世、胡炳文・・などの、
説・文章を参考にしているからです。

f:id:kuz-akichi:20200117162145j:plain

出典は明記してありませんが、
文章がほぼ引用されてあることも。

そこには眞勢「周易釈故」の説もありますが、
「按ずるに・・」となっている眞勢の文章を、
勝手に自説のように使ってあるのには、
おや? と思うことも。

それは扨ておき、
おすすめできる名著だと思います。