易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

人を見て占う

恒其徳貞。
婦人吉。夫子凶。
 象曰、婦人貞吉、従一而終也。
    夫子制義、従婦凶也。
── 恒、六五 

この辞につき、朱子
参考になることを云っています。

易を看るには、すべからくこれ象と占とを暁(さと)り得ること分明なるべし。いはゆる吉凶は、爻のよく吉凶なるにはあらず、爻に此の象ありて、占者はその徳を視て吉凶あるのみ。
朱子語類

出典:新釈漢文大系 易経

「恒其徳貞」は爻の象ですが、
吉凶はここにあるのではなく、
婦人ならば吉であるが、
夫子ならば凶であると、
占者がその都度判断をする。

すなわち、
占にあっては、
占者が問占者の人物を見て、
吉凶を決定するのであると、
朱子は云っているのです。

こういう辞の場合・・

小事ならば吉であるが、
大事ならば凶である。

内を整えるは吉であるが、
積極拡大は凶である。

平社員なら吉であるが、
社長ならば凶である。

・・などとも、
応用することがあります。

多くの人は、こういう
占い方をしていないと思いますが、
(ネット上はゼロでしょう)
大岳易、柳下易においては、
こんなことを想定しながら
占っていると思われます。

こうした占考の根拠は、
実に朱子にあるのです。