易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

彖伝を読む

易占をするためには、
卦義の理解が不可欠ですが、
そのためには易経を読むのが
一番だと思います。

たとえば、

  • 易経講話 
  • 新釈漢文大系 易経 
  • 柳下 易入門 

などを読みますと、
六十四卦の彖伝を用いて、

  • 卦体 
  • 卦変 
  • 卦徳 
  • 卦象 
  • 六爻 

の各項目をていねいに
説明してあります。

× × × ×

雷風恒ならば・・

恒久也。
剛上而柔下。雷風相与。
巽而動。剛柔皆応恒。
── 恒卦、彖伝 

・・の箇所です。

× × × ×

「恒久也」
これは恒の字義です。

「剛上而柔下」
卦体、もしくは卦変。

「雷風相与」
これは卦象です。

「巽而動」
これは卦徳。

「剛柔皆応恒」
六つの爻です。

× × × × 

柳下「易入門」に関して云えば、
彖伝を丁寧に読むことで、
どういう卦かが学べるように
工夫がなされているのですが、
ここをすっ飛ばして
しまっている方が多いのが、
実情のようです。