易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

赤塚「易経」

以前、当ブロブで、
「食は職に通ずる」と書きました。

こうした音通による解釈は、
赤塚先生がよくされています。

f:id:kuz-akichi:20200108181024j:plain

たとえば、頤卦について、
先生はこのような註をつけています。

通常、頤(あご)を動かして物を食べるので、ひいて養うの意を表わすとされているが、実際は、頤と飼・飴が通用して、養うの意をもつに至ったのであろう。

すなわち、
頤()・飼()・飴() と音が通じるので、
飼・飴の意を通用させて、
頤を「養う」とするのです。

これは、
占においても使える見方ですので、
易経を読みながら、徐々に
慣れていくとよいでしょう。

写真の「易経」は、
20年ほど前に1,000円で買ったものですが、
小生にとっては貴重な易蔵書。