易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

年筮と易辞

易経を読んでおられる方には、
年筮は三変筮で取るのがよいと、
お薦めしています。

なぜなら、
辞が得られるからです。

易辞は含蓄に富んでおり、
一年の基本的な方針としたり、
修養や処世訓としても活用できます。

たとえば、
年筮が乾為天なら、
大象の「自強不息」の教えにより、
その年は勤勉を旨とする。

たとえ初爻で、
人から認められないとしても・・

正しい道を(利貞)、
天のめぐりのように繰り返す。

・・などと、
そういう占をするのです。

今年は6月にウンメイの人と出逢う。
などと卦を読めればいいのですが、
それは一生かかってもムリでしょう。

なので、
年筮の辞を心に秘めておき、
大事の際にそれを思い出して指針とする・・
そういう占を推奨するのです。

易経を読んでいる人なら、
より深い年筮ができます。