易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

易の有名な言葉

積善之家、必有餘慶。
積不善之家、必有餘殃。
━━坤初六、文言伝

××××

善(陽)を積んで行く家は、
地天泰になるから必ず餘慶あり。

不善(陰)を積んで行く家は、
天地否になるから必ず餘殃あり。

・・と、これは意訳です。

××××

ところで、
「積善之家」「積不善之家」 ということで、
「家」 となっています。

「私」 が善を積んだのだけれども、
「私」 にだけ慶びが訪れるのではない。

ご先祖様の積善が、子孫である
私にも餘慶をもたらしてくれるのである。

これは不思議なことです。

それも 「必ず」 なのですから。

因果応報っぽい考え方なので、
易経らしくないという人もいます。

ちょっと仏教的な箇所であると。