易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

不食の象

「易学病占」 を見ると、
山地剥病気の占に、
「下顎の不随」 なんてのがあります。

これは、
山雷頤の震下艮上の形を、
アゴ☳、上アゴ☶として、

    
     

山地剥は下アゴの欠けた象だからです。
(☳→☷で下アゴが動かなくなった)

山地剥の上九の辞に、
不食」 とありますが、
これは下アゴが欠けているために、
「碩果」 が食べられないのですね。

××××

(当ブログの訪問者で)

未だに 「時に中する」 の記事を
見に来る人がいます。

けっこういます。

あの文章を読んでわかる人、
いないと思うけど。

一日に何度も見に来る、
あおり運転のような人もいます。

一人の人が、
過去の記事を遡って、
30分くらい見てる人もいます。