易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

ドルジェル伯の舞踏会

昨夜・・・
ラディゲ作 「ドルジェル伯の舞踏会」 読了。
渋谷豊訳  光文社古典新訳文庫 

人物描写、風景描写がほとんどなく、
ただ心理を描くのみ。

心理がロマネスクであるところの小説。
想像力の唯一の努力がそこに集中される。すなわち、外的な事件にではなく、感情の分析に集中する。
ジャン・コクトー 生島遼一訳)

そんなに面白いとも思わずに読んでいましたが、
マオがセリユーズ夫人に手紙を書いたあたりから、
急に素晴らしく感じました。

20世紀の小説を読んでいて、
突如、17世紀の小説に変わったような・・

今度は、
生島遼一訳で、
読んでみよう。