易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

係応必ずしも吉ならず

丘富國曰く、
豫の諸爻は係応する所無き者を以て吉と為す。
(折中、集説引)

豫卦においては、
九四と応なく、比してもいないのが吉、
といっています。

豫の諸爻は、よろこびに溺れ、
歓楽極まることの弊を見ているのです。

それゆえ、
初は 「凶」、三は 「悔」、五は 「疾」、
の辞が繋けられています。