易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

豫の三義

必要があって卦を求めると、
雷地豫だった。

岩波易経を見る。

と、マルジナリアとして、
こんなことが書いてあった。

卦辞・彖伝は「あらかじめする」。
爻辞は「悦び楽しむ」。
雑卦伝は「豫は怠るなり」。

これは、
過去の自分が、覚書として
余白に書いたものです。

すなわち易経は、
雷地豫の三つの意味を、
彖・爻・雑で釈いています。

豫は吉卦と云われますが、
三変筮においては注意が必要です。

三変筮は爻辞占だからです。

六爻の言葉は、
人間は悦びに溺れやすいものとして、
辞をかけてあります。

よりて、
悦びの主体である、
九四に応じている初爻は、
こんな註釈となるのです。

卦主たる九四の応を得て
気が驕って逸楽し懈怠して、・・
(岩波易経

初は陰柔不中正の爻ですから、
上にいる悦びの主体に縁故があると、
それに媚び、取り入って、
「気が驕って逸楽し懈怠して」、
虎の威を借る・・というような、
醜態をさらすのです。

初爻、三爻、五爻に、
凶。悔。疾。とあるのは、
四爻との応比を見ています。