易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

厳格な易

三変筮で占う際には、
占事にまつわる諸事情まで、
わかったような顔をして
あーだこーだと読み取る必要はない、
三変筮の目的は絞られた占的に対する、
吉か凶か、可か否かを断ずることに
あるのだから。

このようなことが、
柳下「易─占法の秘伝」に
書かれてあるのですが、
とても大事なことだと思います。

なぜ大事なのか、
説明に苦しむのですが、
易占における「節度」のためだと、
云っておきます。

易占は、
ウヌボレたり大家ぶるようになると、
必ずしっぺ返しが来ます。

勘違いをしないためにも、
基本に忠実な占筮の仕方を
厳格に守るべきです。

これは、
易の辞で云うところの、
「貞吉」というヤツです。

重要ワードです。

貞を固く守ることによって、
占筮の緊張感を保ち、
邪心を排除するのです。

もし、
諸事情が知りたければ、
占的をそのように設定して、
始めから六変筮法を用いれば
よいのです。

「厳格」であることが、
占筮における「神聖さ」を
担保するのです。

初筮ハ告グ。
再三スレバ瀆ル・・
の精神と同じように。