易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

上級者の占

小生が周易の勉強を始めた頃、
易の研究会で、以下のような
占例を検討しました。

× × × ×

相談者は大学講師の男性で、
「別居中の妻が離婚を望んでいる」
というのです。

(詳細は割愛します)

夫の方は、
「離婚したくない」
ということでした。

占者は、
「夫婦の成行き」を占的として、
帰妹 を得ました。

× × × ×

研究会の席で、
小生の発表した占考は、
このようでした。

帰妹は、
不正常な結婚生活である。

不倫問題が、
隠されているのではないか。

それは、
夫婦円満であった泰が、
崩れ始めた結果である。

現在は、
否に向かう過程である。

すなわち、
離婚に至る途中である。

之卦の夬は、近い将来、
離婚を決断するのであろう。

× × × ×

偉い先生の占考はこうでした。

 帰妹  之  夬
       
       

「まだ、当分、別れられませんね」

先生は、
のどにかかった低い声で、
こう云ったのでした。

先生の判断理由は、
このようでした。

本卦の帰妹は、
(正しい夫婦関係ではないにせよ)
男女がくっついています。

之卦の夬を見ると、
未だ一陰が残っており、
ふたりの間には、
まだ情があるのです。

この夬では、
結婚生活は完全には壊れておらず、
まだ別れられないのです。

もし之卦が、
乾為天であったなら、
きっぱり別れてしまうのですが。

最後に、先生は、
このようなアドバイスをされました。

「この占は、三変筮によって、
離婚の可否を取るべきです。
この女性と一緒にいて、
幸せになれるのかどうか」

× × × ×

「すごい読みをするものだ」

初心者であった小生は、
目を白黒させました。

そして、
上級者による真反対の占考を聞いて、
自分の硬直的な占を恥じたのです。