易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

水山蹇

蹇難也。
不能進、行之難也。
朱子

蹇は難なり。
足進む能わず、行くことの難きなり。

× × × ×

蹇の時は、
進めない、進んではいけない時です。

難卦といわれますので、
運勢占などで得られると、
戦々兢々、恐れおののくものです。

彖伝にはこうあります。

見険而能止、知矣哉。
険を見てよく止まる、知なるかな。

卦徳をもって、
卦の意義を説いています。

前方には険しさ・困難がある。
(そういう時、運勢である)
それを察して今は艮止すべしと。

すなわち、
時に従って、
止まるべきであると。

そして、
そういう振る舞いを、
「知なるかな」
と賛嘆しています。

蹇の時には、
泣いたり喚いたりしないで、
知的であらねばならない。

どっしり、
身を落ち着けて、
冷静沈着に蹇という「時」に、
対処せねばならない。

それは卦辞にいう、
「貞吉」ということでもある。

もっと平たく云いますと・・

「進めない時は進まないのがよい」
「ランクを落とすのがよい」*1

*1:卦辞曰、利西南。不利東北。