易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

潜養爻

有厲。利已。── 大畜、初九
厲き有り。已(ゃ)むに利ろし。

占に使い易い辞だと思います。
潜龍。潜んで修養する。・・といった爻。
乾初の潜意がここにはあります。

まだ時至らず。
大川なんて渉れません。

進めば危ういことがある。*1

× × × ×

易学大講座 「初九の占考」 につき、
根拠の不明な個所をコメントしておきます。

積極的な気持が湧く時
乾の体であり、その性が剛健だからです。

周囲の人たちも尻押しをする
三連奇の一体であり、他の二陽爻が援助する。

近くに競争者がある
三連奇の一体であり、他の二陽爻とセリ合う。

× × × ×

大岳氏は、
下卦三陽爻の連なりを見て、
判断しています(たぶん)。

 
  

これは繋辞伝の
「類を以て聚まり・・」
の応用でしょう。

*1:六四との応爻関係を敵応と見ています。