易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

近親の不幸

山沢損[初九の占考]には、
こんな文章があります。

近親の不幸や災厄などもあるかも知れません。
by 易学大講座

このような占考をする根拠、
わかるでしょうか? 

 

「近親」というのは、
応爻である六四のことです。

その近親に
「不幸や災厄」があるのは、
初爻の辞に、
事をめてすみやかに往く。
とあるからです。

目の前の仕事をおっぽり出して、
近親のもとへ駆けつけるのですから、
何か不幸があったというわけです。

しかも、
四爻の辞によれば、
この近親者には「疾」があった
というのですから。