易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

決壊の象

(前回の続きです)

颱風19号は12日に上陸しましたが、
その前日である11日に、
三変筮にて。

占的 : 小生は無事であるか。
得卦 : 沢天夬九五

 
  

以下、
事後の解釈です。

今回の颱風で、
小生が恐怖を感じたのは、
多摩川の堤防の決壊でした。

小生宅は、
ハザードマップによれば、
多摩川の氾濫によりて、
3~5mの浸水が予測されるからです。

夬はまさに、
堤防の 「決壊」 する象。

初~五まで溜まった水が、
上爻に至って壊れ溢れる。

得られた爻が、
仮に上爻だったとしたら、
堤防は決壊したのかもしれません。

それは、まさに、
「警戒レベル5」 で、
命を守れ! の状態です。

ですが、
五爻で止まっていましたから、
「警戒レベル4」 で、
どうにか収まったのです。

・・などと、
解してみました。