易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

儲かるか?

ある政治家が、
コロナ禍に乗じて暴利を貪ろうと、
マスクを大量に仕入れました。

そして、
思惑通りにいくかどうか、
馴染みの易者に筮を乞いました。

易者は、
筮竹を数えて、
大壮の五爻を得ました。

断じて曰く・・

大壮は陽が盛んで、
利潤の多い卦といえるが、
今第五爻を得たのは、
四爻までの活況既に衰え、
五爻に於いては時に遅れて
最早不況の時機であるとする。

辞に、
「羊を易(さかい)に喪う」
とある。

「羊」は四陽の群れであり、
仕入れたマスクとも、
目論んだ利潤ともいえよう。

その羊が、
政治家の策謀の埒外に飛び出し、
失うこととなるというのである。

政治家は肩を落として、
易者の鑑定室を出たが、
果してネット上、
大いに叩かれることとなり、
元金も戻らないまま嘆息したと。

× × × × 

上記の占例は、
「高島易断」を読んで、
小生が新たに創作したものです。

三変筮は爻辞占が原則ですが、
単純な「おみくじ占」とは異なる、
ということがわかると思います。

本ケースの場合は、
まず、卦体・卦象をつかんでから、
次に、爻辞を分析しています。