易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

火雷噬嗑の思ひ出

過去に占った例で、
なぜか火雷噬嗑を得たお客さんとは、
話がしにくい。

占的は様々なのであるが、
なぜか噬嗑卦が出たお客さんとは、
スムーズに話し合えないのである。

口論争いの卦だからだろうか。

頤中に坎があって、
言葉に毒・棘があるからか。

2011年3月11日、
小生はある女性客を占っていた。

14時00分に火雷噬嗑を得、
案の定、ちぐはぐな鑑定をしていた。

14時30分、
彼女は帰って行った。

と、その16分後、
東日本大震災が起こったのだった。

そういう意味で、
小生にとって、思い出深い卦。

占的は違えど、
あれだけの大惨事だったのだから、
火雷噬嗑に何か兆しは出ていないものか。

小生のごとき、小人物では、
やはりそこまでは読めなかったなぁ。