易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

扶陽抑陰

      
       

四陽の卦を大壮といふが、
これは陽の盛んなるをもって言っている。

ならば、四陰の卦は、
これを陰の盛んなるとして、
大衰と言うべきなのに、
大観(陽)が上に在って四陰が仰ぎ見るとして、
観と名づけている。

つまり、
陽中心の見方をしている。

これは、何故か。

それは、易が、
「陽を扶(タス)け陰を抑える」
という考え方をするからです。

陽や君子の立場から、
辞が繋けられているのです。

なので、占においては、
そうした陽のみを重んじる見方ではなく、
キチンと陰の象をもとらまえて、
運気を見なければならないのです。

特に、
辞占において注意が必要です。

単純に、
爻辞に当て嵌めただけの占だとか、
三変筮とはそういう占法だなんて、
それもネットで公表するなんて、
世界中に向かって 「自分はド素人です」 と、
公言してるようなもの。

わかる人は、ちゃんといて、
口に出して言わないだけで、
腹を抱えて笑ってますよ。