易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

乱読

最近乱読が激しい。
朝五時ごろ、暁光を枕元に差し入れ、
枕の周りに散乱している本を気の向くままに
回し読みしている。

ラブレー 「パンタグリュエル」 ちくま文庫
プルースト失われた時を求めて光文社古典新訳文庫
ダンテ 「神曲河出文庫
倉橋由美子倉橋由美子の怪奇掌篇」 新潮文庫
星新一 「ボッコちゃん」 新潮文庫

あと、
リラダン未来のイヴ光文社古典新訳文庫
バルザック 「従妹ベット」 新潮文庫
も少しかじったが、これは止めてあります。

また、最近、
サン=テグジュペリ星の王子さま」 文春文庫
を買いました。訳したのは、
倉橋由美子さんです。

純粋に面白いのは、
倉橋由美子の怪奇掌篇」 で、
著者の小説技術には舌を巻いている。