易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

黄色いはかま

月筮で得た辞は、
黄裳。元吉。(坤六五)でした。

黄色い袴(はかま)の象で、
「すぐれた家来」 ということです。

家来は家来らしくすれば善い。
・・という運勢です。

自らしゃしゃり出たり、尊大な態度はNG。
家来の運勢なのですから。

この黄裳を周公が纏(まと)ふて甥の成王を補佐し、自己が天子と見られない様に力めた象でありますが、常人は仲々そんな態度は取りません。偉くなくても偉がりたいのが人情であります。
(前島熊吉 「現代易占講話」)

この、熊吉ッつぁんの解釈はいいですね。

こう解すれば、
黄裳。元吉。の辞は、
「元吉だから、大吉だぁ」 ではなく、
「偉くなくても偉がりたい」 人に対する、
戒めの辞として読むことになります。

  • 尊位にいて威張りたがる。
  • 陰が五爻まで進んで来て、もう少しで堅冰になる。

・・と象をとらえれば、
あながち変な解釈ではないでしょう。