易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

読んで思う

高島易断を読んでいる人は、
極めて稀のようです。

にもかかわらず、
象象高島氏について蘊蓄を語る人は、
やたら多いのです。

ところで、
高島易断の占例は、
このような形で始まることが多い。

友人某来りて、富豪某氏の家政を占はんことを請ふ、乃ち筮して、蠱の第四爻を得たり、


呑象翁の友人がやってきて、
某金持ちの家政を占っほしいと
占を請われるのですが・・

これって、
「のぞき見」占、なのでしょうか。

占を請うた人が、どうして、
他所の家のことが知りたいのか、
その説明はないのです。

高島易断の占例には、
このような文章構成が多いのです。

書き方がパターン化されていて、
各爻ごとに形式的に占例を挿入しているといった、
印象の文章が。 

実際に占ったというより、
まるで机上の創作占でもあるかのような、
爻意ぴったりの占例です。

それでも、
この占例を読むことは、
易経」 理解のために十分資するものです。

易占法というより、
易経」 の理解を深める名著として、*1
お薦めできると思います。

*1:ただし、易経の注釈は、高島氏本人ではなく、
根本通明門下生が書いたのです。本文中にその記述があります。