易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

易経通りに

火地晋の占考については、
横井伯典氏がこう述べています。

判断のしやすい卦です。
卦辞の解釈をそのまま用いれば
失敗が少ない。

「卦辞の解釈」ですから、
彖伝の18字で占えばよいのです。

晋進也。卦名を釈す 
明出地上。卦象 
順而麗乎大明。卦徳 
柔進而上行。卦変 

× × × × 

たとえば・・

病勢占なら、
晋ハ進ムナリですから、
凶占になります。

運勢占なら、
明地上ニ出ヅルより、
運気は上昇して明るくなる。

柔進ミテ上行スより、
目上の寵愛を受ける。

結婚占なら、
順イテ大明ニ麗クより、
良縁を得る。

・・など、など。

× × × × 

あと、爻辞ですが、
これもその通りに占えばよい。

初六の占考には、

物価などであれば、
高値含みの安値保合といふところです。
(易学大講座)

とありますが、これなど、
爻辞の「晋如摧如」そのままで、
晋如→高値含み 
摧如→安値保合 
というのでしょう。

ただし、
三爻だけは、
あまり関係のない辞が
かかっていますので、
注意が必要です。