易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

易の三戒

古い易書の余白に、
占筮における三つの注意事項が、
手書きで記されてありました。

書いた人に感謝しつつ、
ここに引用させて頂きます。

1. 占うべき問題は、占う前に十分な考察を加えておかねばならない。
「卜は以て疑いを決す。疑わずんば何ぞ卜せん(左伝)」

2. 同じことを二度占ってはならない。
「初筮は告ぐ。再三すれば瀆る。瀆るれば告げず(蒙卦彖辞)」

3. 不正な事柄を占ってはならない。
「易は以て険を占うべからず(左伝)」


この三つを検索してみると、
同じような文言をチラホラ見ますから、
どこぞやの易書の抜き書きかもしれません。

1. は、安易に占わない、
ということでしょうか。

2. に関してですが、実占をしていると、
再筮の必要を感じることがあります。

実際にお客さんを占っている人ならば、
占的を上手に変えるとか、
時期を違えて占うとか、
状況が変化してから占うとか、
他の占術を併用するとか、
各人各様のテクニックをお持ちでしょう。

3. は、占筮の神聖さを瀆すことに
なるからでしょうか。