易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

来る、きっと来る

巨大地震の発生可能性について、
「今後30年以内に○○%の確率で起きる」
と云われております。

22日、フト思い立ちて、
「本年中に××に巨大地震は起きるか」 を占的として、
三変筮によりて易を立ててみまするに、
乾為天四爻を得ました。

(これは予言ではありません。
個人的な卦読みのお稽古です。
なのであえて地名は記さずにおきます)

××××

乾は、天の道で、動いて息まぬ、という卦ですから、
巨大地震は時と共に必ず発生するのでしょう。
(当然ですが)

 
  

これは純陽六連奇の卦ですから、
徐々にエネルギーが積み増され、それが極点に達したところで、
大地を大きく揺すぶるのでしょう。

すなわち、
五爻を経て上爻に至った時が、
最も強いエネルギーの発現となりそうです。

今、
得られたのは四爻です。

上卦の下ゆえ、準備期間が終って活動期に入ったとはいえ、
陽が四という陰位にあり、未位にあることから、
まだ陽のエネルギーは最大ではない。

九四、或躍在淵。无咎。

或いは躍りて」 ということで、
そこそこの揺れはあっても
巨大地震とまではならないのではないか。

そんなふうに得卦を読んで、
「本年、××に巨大地震は起らない」
と占断してみました。

××××

けど、
地震は必ず起きるのです。

日本に住んでいる限り、
いつ、どこで起きてもおかしくない。

岩波易経の文言伝には、
乾の四爻につき、
「疑って行動を慎むからこそ、咎がないのである」
との記述があります。

ナメてかかったり、現実から目を逸らさないで、
それ亡びなん、それ亡びなんとて、
行動を堅固にせねばなりません。