易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

卦について

卦を 「ケ」 と読むか、「カ」 と読むか、
諸説あるようです。
小生は 「カ」 と読んでいます。
結構厳しくそのように教わったからです。
それと小生が読んでいる易書のすべてで、
「カ」 とルビが付してあるからです。
さらに実際面において、
「ケ」 と読んだ場合、八卦はいいけれど、
序卦伝を 「ジョケデン」 と読むのには
抵抗があります。その他、
卦辞。卦意。卦体。卦象。雑卦伝。・・なども。
習慣かもしれませんが。

一部の本で、卦を掛と表記してある本もあります。
知識として以下の文章を引用しておきます。

「卦」 の字義は、「かける、かかげる」(掛)に基づく。孔穎達(クエイタツ)の 「正義」 に、「これを卦といふは、易緯(乾鑿度)に云ふ、卦とは掛なりと。物象を縣掛(かける)して以て人に示すを言ふ、故にこれを卦といふ*1・・・」 と説いている。
(今井宇三郎 「易経」 新釈漢文大系)


卦者掛也(卦は掛なり)。掛けるという意味。
物象を掛けて人に示すこと、
これを卦と謂うと。

繋辞は 「辞を繋ける」 のだけれど、
卦は 「物象を掛ける」 のですね。

こちら↓もどうぞ、お読みください。
「カ」か「ケ」か - 易経を読むブログ

*1:卦者掛也、言縣掛物象、以示於人、故謂之卦。