易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

交わる八卦

古い易書にこうありました。

上経三十卦、天地の正たる乾坤に始まり、
泰否を経て坎離に結ぶ。
下経三十四卦、男女の交たる咸恒に始まりて、
損益を経て坎離の合たる既未済を以て大終す。

これは序卦の骨組みです。

乾坤
泰否(
坎離
咸損(
恒益(
既未済(

これらは、
乾坤・震巽・坎離・艮兌
八卦が交わったものです。

これは、
説卦伝のこの文章と
何か関連があるのだろうか。

天地位を定め、
山沢気を通じ、
雷風相()い薄(せま)り、
水火相い射(いと)わずして、
八卦相い錯(まじ)わる。

なんとなくそう思っただけですが。