易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

渙卦・一行占

加藤大岳氏は風水渙の占意を
簡潔にこう表現しています。

一時損失あるも後の大利となる事が多い。
契約等は特に注意して厳重にすべし。
(易学通変)

一時損失・・・後の大利
渙は散らすことによって集まり、
亨通の得られる卦です。
ゆえに小さな出費があって、
それが後の大利となるのでしょう。

契約等は・・注意
渙は散る意ですから、
契約などは解消してしまうのです。
しっかり文書を作っておくなど、
厳重になされる必要があります。
しかし、解消した方がいいことも
あるかもしれません。

× × × × 

また、紀藤元之介氏は、

祭祀によつて開運。

をあげています。

渙卦を得たら、
神社仏閣を訪れたり、
人を集めてパーティーをすれば、
運が開けるのです。

心が集まって
一つになりますからね。

卦辞には 王仮有廟 とあります。