易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

易書とミス

易書を読むにあたっては、
誤植はつきものです。



易学大講座



新釈漢文大系 易経


こういうの、本当は、
出版社の恥なんですけどね。

最近は、
薄利多売のゆえなのか、
開き直っている社もあるようです。

けれど、
一言、一言、丁寧に読んでいけば、
読者が正せるものばかり。

易のような専門書は、
著者がしっかりしていて、
おそらく完全原稿にちかい入稿なので、
版元が少々頼りなくても、
(易に関して知識がなくても)
大きな間違いは
回避できているのでしょう。

× × × × 

ブログ主が信頼している
昭和初期のある易の研究家は、
「易書の出版は、
 編集・校正に骨折りが多いため、
 版元が嫌がる」
と記していました。

出版社からしたら、
古い文体、原文、術語、卦画・・等々、
易書の編集はなかなか厄介なのでしょう。

確かに、
知らない人にとっては、
偶画、奇画の六爻の組み合わせなど、
「なんじゃ、こりゃあ?」
と思うのがふつうですよね。

それに、
営業的にベストセラーになるというのも、
ちょっと考えにくいですし。笑