易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

四十九数の秘密

沢火革の大象に、
「暦を治め」とありますが、
古の易学者はこう述べています。

大衍の数、その用四十九。
而して革卦は第四十九に当る、
これ大衍の数(その用)である。
分ちて両に象るは天地が革まるのだ。
そして之を揲するに四を以てするは
四時が成るのだ。
是を以て革に至れば暦を治めるという。

乾為天から沢火革まで、
序卦の数は四十九あって、
大衍の用(四十九)と一致する・・

「分ちて両に象るは天地が革まるのだ」
なるほど、なるほど。

「そして之を揲するに四を以てするは
 四時が成るのだ」
これは彖伝の「天地革而四時成」ですね。

繋辞伝の筮法の話と絡めて、
暦を治める道を述べています。

第四十九番目に革卦を配したのは、
わかる人だけがわかればよいという、
古人による暗号なのか!?

かりそめの読者には、
容易にその真意を捕捉させないという、
大文学、大芸術にありがちな手法なのか。