易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

卦意をつかむ

六十四卦の意味を学ぶためには、
彖伝、大象をしっかり読み込むとよい。

× × × × 

たとえば水沢節

卦辞曰
節、亨。苦節不可貞。

彖曰、節、亨。
剛柔分而剛得中。
苦節不可貞、其道窮也。
説以行険、当位以節、中正以通。
天地節而四時成。
節以制度、不傷財不害民。

象曰、沢上有水節。
君子以制数度議徳行。

× × × × 

彖伝は、
卦名、卦体(もしくは卦変)、卦徳によって、
卦の意義を説いています。

大象は、
卦象から引き出される教えを述べている。

しかしながら、
いくら岩波易経を読んでも、
ほとんど理解は得られないでしょうから、
当ブログにおいては、
新釈漢文大系 易経をお薦めしているのです。

× × × × 

帝王学について。

「当位以節、中正以通」
これは君主の徳について述べています。

「節以制度、不傷財不害民」
「君子以制数度議徳行」
これは卦義・卦象にのっとって、
君主がいかにして天下を治めるのかが
述べてあります。

こう読めば、
易経帝王学としてとらえても、
ぜんぜん問題はないと思います。