易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

辞・変・象・占

当ブログのブログ名の下文には、
「辞・変・象・占」と記してありますが、
これは繋辞伝に云うところの、
易の四つの道です。

そして、それは、
平成時代()に実施された
易の研修会において、ある先生が
行った講話のタイトル名なのです。

先生はこのタイトル名の由来を、
こう記しています。

さて、私のタイトルを
「辞・変・象・占」としましたのは、
「辞・変・象・占」と言っておけば、
易に関して、何でも話せるからです。
この「辞・変・象・占」と言うタイトルは、
加藤大岳先生が、
汎日(汎日本易学協会)の講演会において
しばしば用いられており、大岳先生は、
易を語るならば「辞・変・象・占」の四字に尽きる
とのお考えであったものと思われます。
しかし私の記憶の中ではこれに触れるお話を
講演会でお聞きしたことは無かったようです。

ということで、
上記先生の講話を真似て、
繋辞伝の四字を使ったのでした。

易経は、
易の四本柱として、
「占」を含めているのですが、
何とも神妙ですね。

繋辞伝には、
十八変筮法の記述があるくらいですから、
当然といえば、当然なのですが。