易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

六十四卦 象意考

新井白蛾「易学小筌」*1 には、
象意考なるものが記されてあって、
六十四卦の象と意味とが、それぞれ
六文字で簡潔に表現されています。

占筮で卦を得た際に、
占考の手掛かりになることがありますので、
見ておくとよいでしょう。

ちなみに、新本では、

  • 神宮館「易学小筌」
  • 神宮館「現代易占詳解」

にその記載があります。

× × × × 

例を挙げれば、
風火家人の象意考はこうです。

従窓見月之象。
有気無形之意。

× × × × 

窓従()り月を見るの象
  
  
離は見るですし、窓の画象でもあります。
巽は月で、下弦の月
家人は婦女の卦であり、
婦人が外へ出ずに家にいるので、
このような象があるのでしょう。

気あり形なきの意
離火、巽風、共に無体のものです。
気のみで実体がありません。
大岳氏のひと口占いに、
「吉事あるが如きも容易に実現しない」
とありますが、これはこの意を
想定していると思われます。

× × × × 

前者の象は、
卦意で占えば同じなので、
特に知らなくてもよい。

後者の意は、
これは占で使えますね。
要チェックです。

*1:国会図書館デジタルコレクションで見られます。