易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

最後尾の象

遯尾厲。勿用有攸往。
 象曰、遯尾之厲、不往何災也。
── 遯、初六 

遯(のが)れる時なのに、
時を失して遅れてしまった者。

このまま逃れるのは危険だが、
卑下の位(草莽)に隠れておれば
災いには罹らないだろう。

岩波「易経」等には、
韜晦とうかい」なる文字が
使われています。

才能の光をくらまして、
馬鹿なフリをしていましょうと、
そんな感じでしょうか。

伏卦は同人。
目立たないで大衆に紛れておれ、
という教えととらえましょう。

× × × × 

この爻については、
易学大講座にこんな占考あり。

縁談なども不可。
但、婚期を過した婦人などの場合は
案外に良縁のことがあります。

「勿用有攸往」ですから、
結婚の可否は不可と云えます。

なのに但し書きの、
婚期を過ごした婦人の場合は・・
というのは? 

これは之卦(正しくは伏卦)を、
強く見ているのでしょう。

逃げ遅れて不遇だった婦人は、
回天の機を得て同人運となる、
皆がしている結婚というものをする、
というのでしょう。

天山遯は、
遯レテ亨ルナリ(彖伝)、
という卦ですからね。