易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

不明易者

易者の看板とするに、
地火明夷では具合が悪かろう。

離明がヤブれており、
情勢を見られぬ卦象だから。

同様に、
雷火豊もだめでせう。

離明が震の草叢に覆われて
暗い象だから。

真勢易では、
「少し意味の軽い明夷の象」
と云っています。

また、
山火賁もねえ・・

真勢易には、
「夜の象」とあります。

× × × × 

すなわち、
豊も賁も明夷に近い意味がある、
と覚えておくとよいです。

人は・・

豊かさに泥むと、
道徳が衰え智慧が暗くなる。

賁は虚飾になり易く、
実質を見失うこととなる。

・・と、
そんなことでせうか。