易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

伏卦を見る

艮為山初爻は、
動かなければ咎めなし。
という爻です。

ところで、この爻は、
山火賁を伏していますが、
これをどう解したらよいでしょう。

いろいろ考えられます・・

  • 賁は一種の噬嗑ですから、安易に動くと障害にあう。
  • 体裁を飾り見栄を張って、つまり動いて失敗する。

(以上は易学大講座より)

  • 賁は艮内に離を止めていますから、動かないで明徳を養うとよい。
  • 賁は飾るですから、礼を以て己を飾りなさい、すなわち止まっていなさい。

(以上は儒教ふうの解釈です)

  • 見た目にだまされて、動いてしまう。

・・・etc.

このほかにも、
いろいろ読めると思います。

柳下先生は、伏卦につき、
こんなふうに云っています。

読者が、さらに伏卦も参考にするようになったら、
また一段と易占の妙を体得できるとおもいます。
(「易入門」)

得卦得爻そっちのけで、
伏卦だけを見て、
結論を出してはだめです。

しかし、
口には出さずとも、
頭の中では伏卦を思い浮かべて、
深い占考をしたいものです。