易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

坎卦六爻

習坎、重険也。
水流而不盈、行険而不失其
維心亨、乃以剛中也。
行有尚、往有功也。
── 坎卦、彖伝

× × × ×

水流レテ盈()タズ、
険ヲ行キテ・・というのは、
卦辞の「有孚」を
水に譬えて説いています。

坎為水を得たら、
この孚(まこと)の心と、
剛の徳、中の徳が、
開運のポイントとなります。

× × × ×

六爻で云えば・・

五と二は、
坎の中実の孚があり、
剛の徳、中の徳がありますから、
険阻にあって救われる爻です。

初、三、上は、
陰爻なので剛徳がなく、
中位にいませんので中徳がなく、
とても険阻艱難のこの時に、
うまく処することのできない、
大凶爻です。

四は、
五を承けており、
陰陽相比して孚が通じており、
終には咎なきを得る。

一般的に、
四と五の比爻関係は、
あまり悪く見ないのです。