易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

美辞なれど

ある女性に乞われて、
結婚の可否を占ったところ、
風地観の四爻が得られたとします。

易学大講座には、
こうあります。

縁談などは話はよいが纏まらないと見ます。

可否についての、直接の言及はありません。
(爻辞はよいが、爻変は天地否であるとみています)

爻辞を見ます。
観國之光、利用賓于王。

立派な夫に接し寵愛せられ、
妻も内助の功を尽くす・・*1
と、読むことが出来ます。
(爻の状態も加味しての判断)

美辞ゆえ、
この結婚は吉ですよ、
と云いたいところですが・・

消息卦としてみれば、
この四爻は危険でもあります。

五の夫を凌ぐ勢いというか。

この爻を善くとれば、
爻辞の如くに占えばよいでしょう。
(仕官としての吉占)

けれども、
悪くとったなら、
正反対の解釈でもおかしくない。
(陰が陽を剥尽する卦)

横井伯典先生などは、
無条件に良い判断をしておりますが。

読者各位は、
どのように考えるでしょうか。

え? 
そんなこと考えたこともない? 

*1:儒教的な読みです。