易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

観我生

風地観三爻の辞は、
難解な爻辞の一つです。

「我が生」 ということにつき、
諸説紛々、象の取り方も様々だからです。

××××

小生は、占においては、
こんなふうにシンプルにとらえております。

  • 坤の一体として、身分相応に留まっておればよい。
  • 自分の枠内を出るべからず。

新規のことに関して、
「〇〇してよいか」
を占ったとします。

可否占ですから、
筮法は自動的に三変筮です。

三変筮ですから爻辞を見ます。
観我生、進退。

自分を振り返ってみれば、
無理だということがわかるはず、と。

これ、
爻辞だけをぼうっと見ていても、
(初心者だと)判断に迷うかもしれませんね。

まあ、
得られたのは 「風地観」 ですから。

  • 大衰の卦(中州)
  • 見花遇雨之意(白蛾)

もし 「やっていい」 のなら、
もっと景気のいい卦が出てんじゃないのと。