易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

三変筮という筮法

三変筮爻辞占です。しかし、これは、
単純に爻辞を占事に当て嵌めるのではありません。
卦意卦象という範疇において、得られた爻を分析し、*1
爻辞が使えれば爻辞によって断じ、
爻辞が使えなければ爻象により、
場合によっては卦意卦象に遡って断ずるのです。
こうした占考を合理的にすることが、
占者の能力ということになります。
そしてもう一つ大事なこと。
三変筮は可否を占う占法です。
そのためには問占者の話をよく聞き、
問題の核心をとらまえて、
良い、悪い、で答えられる占的にすることです。
入門者にはつまらない指摘かもしれませんが、
これは易占の本質に迫ることなのです。
そして三変筮に習熟するためには、
ぜひとも易経を読む必要があるのです。
三変筮の占考が深い=易経を深く読める*2
ということだからです。
三変筮は入門者にとって接しやすく、
上級者にとっても奥深い占法です。

*1:これが出来ないと略筮だ爻変だ之卦だと言い出す。

*2:爻辞を上っツラしか読んでいなければ、
爻辞占も上っツラです。无咎、悔亡、貞吉など。