易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

卦読みを広げない

三変筮の得卦を読むに際して、
初級者、中級者の方は、
この柳下氏の判断方法を踏襲すると
よいとおもいます。

三変筮得卦にあっては、
辞の象意によって判断し、
あまり占的以外のことは卦読みを広げない
のが原則ですから、
判断に迷うことはずっと少いのです。
(「易 占法の秘伝」p.151)

辞の象意によって判断
爻辞に当て嵌めるだけの「おみくじ易」ではなく、
「辞の象意」によって「判断」するのですから、
当然、易経(の註釈)を読んでいる必要があります。
これが爻辞占です。

占的以外のことは卦読みを広げない
これを遵守することをおすすめします。
理論上は色々あるでしょうが、
実占ではこれを原則とする方が誤りが少ない、
とりわけ初級者・中級者は、ということです。
最初のうちは難しいことを考えずに、
こうした教えに素直に従うことです。

判断に迷うことは・・少い
得卦の解釈は、
「迷い」との戦いですからね。
迷ってばかりで、時に的占、時に誤占を
繰り返していても、実力はちっとも
向上しません。野球で云えば(オジサン 笑)、
凡人は打つ球を絞った方が打率は良い。
事後の検証にも資する。