易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

謙六四

无不利。撝謙。

この辞、わかりにくいというのが、
小生の感想です。

(謙の道を行なえば)利ろしからざるなし。
(なので)謙を撝(マネ)け。

こんなふうに読むとわかりやすいか。


占をする方は以下を意識するとよい。

  • 地位は高いけど実力がない。運気も弱い。陰爻陰位ゆえ。
  • 上体に入ったところで、謙の意味が薄らいでいる。
  • 五(社長)の隣にいて、三(稼ぎ頭)に乗っている ので、勘違いして驕慢になりやすい。

なので自ら主体とならず(四爻自体は弱運)、
謙を招いて、五に従い、三に食わせてもらいなさいと。


辞だけ、易経だけ見ていても、
こうした判断は出て来にくいですが、
易占の先人はこのように見ています。