易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

『易入門』の宿題

柳下先生の『易入門』に、
「1970年4月のアポロ計画は成功するか」
を占った例が載っています。

先生は、これを筮して、
地水師六三を得、
「事故があって成功しない」と占断しており、
結果もそのとおりであったのですが、
「特に判断の解説は略しますが、
 本書の読者諸君は、
 私と同じ判断ができる筈です」
と記しておられます。

そこで、考えてみました。

得られた三爻の象伝に、
「大いに功なきなり」とありますし、
爻辞も、出発した時の状態では
帰れない意ですからね。

この占においては、
失敗と断じるのが妥当でしょう。

さらに、
愚生は卦の形を見て、
こんなふうにも考えてみました。
    
比卦はロケットが順調に月へ向かう形で、
師卦はロケットがひっくり返って事故の暗示だァ・・
のように。笑

すなわち、
卦の形にも、
占的に対する答えが
示されていると考えたのです。