易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

伝染病の象

柳下・易入門を見ていると、
離為火の病気に、
「伝染病」が出て来ます。

その理由は? 

  • 火は転々と燃え移るから。
  • 離は離(かかる)。離☲は一陰が純陽の中にかかった象。
  • 離は罹()と音通。

伝染病の象は、
他にもいくつかあるでしょう。

乾為天とか。
坎為水とか。

みんなが罹るということで、
天火同人とか。

まだまだ、
ありそうですね。

卦名より、
沢山咸。

それと、
巽☴の伏入というのも、
そうだろうな・・

(以下省略)