易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

変な易占

29日、
夜11時10分、
日本の素敵なコメディアンが、
新型コロナによる肺炎で亡くなった。

27日、
何を思ったのか、
小生は、
彼に対し卦を取ったのだった。

その際、
感染したという、
事実しか知らなかったので、
占的に窮した。

とりあえず、
「健康回復如何」
を占的とし、誠心誠意、
机上に賽子をコロがすと、
小畜五爻を得た。

少しくとどまる・・
という卦なので、
すぐに回復すると思った。

筮前の審事として、
ネットを覗いてみた。

すると、
重度の肺炎。意識混濁。
70歳。従来から病あり。
かつてのヘビースモーカー。
・・等々の事実が判明した。

心を入れ替えて、
得卦を見る・・・

  
  

六画卦を俯瞰すると、
四爻に穴があいている。

たしかに肺に疾患がある。

卦象を見ると、
乾が巽に止められている。

乾とは何か。

健やかなる健康か。
生きる力か。
天命か。
天から頂いた陽気か。

軽症なら、
止められていた乾の元気が回復し、
無事退院となる。

だが、
どうやら重症である。

少しく止められていた魂が、
天に昇ってしまうのではないか。

五爻は尊位。
尊い存在になる。

・・・エトセトラ。

まあ、
そんなふうに思っていた
矢先だったのです、
死亡のニュースが流れたのは。

× × × ×

小生は、かつて、
フジテレビ「だいじょうぶだぁ」
のファンで、
残業続きの日々を送っていた時期、
唯一の楽しみが、
この番組のビデオを繰り返し繰り返し、
夜中の二時まで、
見ることだったのです。

台詞を覚えてしまうほどの、
ハマりようでしたから、
職場の女子職員からは、
「変なおじさん」
と呼ばれていたのでした。